見出し
診療時間
09:45〜13:15 - -
15:00〜18:00 - -
09:00〜13:00 - - - - -

※ 土曜日の診療時間は他の曜日と異なりますのでご注意ください。
休診日:木曜日・日曜日・祝日

見出し map

神奈川県川崎市川崎区砂子2-11-20
加瀬ビル133 4階
・JR京浜東北線「川崎駅」
 東口ゼリア38番出口より徒歩2分
・京急線「京急川崎駅」徒歩2分

生理不順とは

日本産科婦人科学会の定める「正常月経周期」とは、排卵を伴い25日から38日以内で周期毎のズレが6日以内となっています。
卵巣は、頭の中にある視床下部、下垂体から分泌されるホルモン刺激(FSH:卵胞刺激ホルモンとLH:黄体形成ホルモン)によってE(エストロゲン:卵胞ホルモン)と排卵後にはP(プロゲステロン:黄体ホルモン)も分泌します。

検査法

  • 卵巣の機能を正確に知るには、基礎体温の測定が重要です。これにより無排卵周期、黄体機能不全、排卵の遅れなどが判ります。
  • エコーで卵巣の状態(卵胞の大きさと数)子宮内膜の状態を観察します。
  • 月経周期に合わせて排卵に関係するホルモン(FSH、LH、E、テストステロン(男性ホルモン)、PRL(乳汁分泌ホルモン)、甲状腺関連ホルモン、p)、負荷試験(LH-RHテスト・TRHテスト)などを測定します。
  • その結果のみで診断が付く場合もありますが、ある疾患が疑われる場合は、追加で負荷試験・HOMA指数(インスリン抵抗性)・抗ミュラー管ホルモン(AMH)の測定を行います。

当院は正確な診断をするために、時間をかけますので初めに1〜2ヶ月の時間を要します。

治療法

ホルモン異常の原因と障害の程度、既婚・未婚、妊娠希望の有無、年齢などを考慮して最適な治療方針を決定します。
当院ではカウフマン療法、漢方療法、排卵誘発剤(内服薬と注射)の投与を行っています。
HOMA指数陽性には糖尿病の治療薬、遊離テストステロン(フリーテストステロン)高値の治療も致します。
ピルあるいは注射によって生理のみを起こす方法は、全く意味がありません。